日本繋離船協会
日本繋離船協会

日本全国には至るところに港があります。海外との貿易、また国内の海上輸送に利用するための大きな貿易港から、海やその周辺を見学する観光港、そして漁業の港など様々です。船は港に入る時、巨大なタンカー船やコンテナ船、またどんなに小さな漁船であっても、岸壁に船をつける作業が必要となります。

船を岸壁に着ける作業をご紹介します。特に大きな船の場合、船が岸壁に近づいてくると船の船首せんしゅおもて船尾せんびとも)から数本のロープを海面まで降ろしてきます。そして繋船ボート(別名、綱取りボート)にロープを受け渡し、岸壁で待つ陸上作業員に手渡し、ロープを掛けるビット(岸壁上の設備で鉄製突起物)に掛けます。船はそれを確認した上で、船上で垂れたロープをウインチで張り詰めて固定させます。
次は船を岸壁から放す作業です。しっかりと岸壁に張り詰めたロープを船上から緩めます。そして船の合図によって岸壁の作業員がビットから手動でロープを放し、それを船は巻き取っていきます。比較的小さい船は自然と岸壁から離れて行きますが、大きな船はタグボートの力を借りて港の外に出て行きます。

以上のような「船を岸壁(陸)に繋ぐ、そして離す」という一連の作業、それを繋離船作業けいりせんさぎょうと称し、別名を「綱取り作業、綱放しつなはな作業」とも言います。
その作業を事業としている会社は全国に所在していて、事業者間で作業の機能性や効率化の情報交換、各港を取り巻く問題や課題に取組くむ目的で昭和48年9月に発足されたのが「日本繋離船協会にほんけいりせんきょうかい」です。

港には港湾の事業としてあらゆる役割があります。港の岸壁を管理する行政、大型船を無事に岸壁に誘導する水先案内人、そして接岸の補助となるタグボート、船主に代わって必要な手続きをする船舶代理店業、船の内外で荷役事業、税関手続きをする通関事業、荷物の数量等を測る検定協会など様々であり、我々の「繋離船事業けいりせんじぎょう」もその一つです。しかし一般的には、余り知られていません。そこで「日本繋離船協会」は広く啓蒙活動を展開すべく、この度ホームページを開設することにしました。ご覧下さい。







 
Copyright 2008 日本繋離船協会. All rights reserved.